グループウェアの機能と種類

バナー

グループウェアの機能と種類

グループウェアとは企業などの組織内での情報共有を可能とするソフトウェアです。

その機能は社員のスケジュール表示や掲示板機能、メール機能、共有のファイル保管など、複数の機能が連携して仕事の効率を高めることができるようになっています。現在のグループウェアには導入企業のサーバーにインストールして運用するパッケージ版と、クラウドシステム上で運用するクラウド版が存在しています。

多角的な視点からグループウェアを詳しく調べるなら便利なサイトです。

クラウド版グループウェアは後発のため利点が多く、例えばシステム自体はソフトの販売企業が用意したサーバー上で動作するため、導入企業がサーバーのメンテナンスをしなくても保守、データのバックアップを行ってくれます。



また、クラウドにはインターネット経由でアクセスするため、営業職などで外にいる場合や出向先からでも利用することが可能です。

他にも現在のグループウェアはウェブブラウザ上で操作するウェブアプリケーションの形態を取っているため、インターネットが利用できてウェブブラウザの動作する端末であれば、パソコンのOSを問わず、さらにはスマートフォンからでも利用することが可能となっています。

マイナビニュースは絶大な支持を受けています。

導入、運用コストはパッケージ版が買い切り、クラウド版が従業員の人数に応じた従量制となっているのが一般的です。

保守、利用料金の面からもクラウド版はコストパフォーマンスが優れていますが、クラウド版の場合は販売会社のサーバーリソースを利用することから導入に必要な最低社員数が設定されているのが基本のため、中小企業の場合はパッケージ版を選択することになります。

Copyright (C) 2016 グループウェアの機能と種類 All Rights Reserved.